RSS
 

鯉のぼり(こいのぼり)の由来

鯉のぼりは、江戸時代に町人階層から生まれた節句飾りです。

鯉は清流はもちろん、池や沼でも生息することができる、非常に生命力の強い魚です。その鯉が急流をさかのぼり、竜門という滝を登ると竜になって天に登るという中国の伝説にちなみ(登竜門という言葉の由来)子どもがどんな環境にも耐え、立派な人になるようにとの立身出世を願う飾りが「鯉のぼり」です。

端午の節句のお祝いは、本来五月五日の節句当日ですが、前の日の晩(宵節句といいます)にお招きしてお祝いをしてもよいでしょう。両家の両親やお祝いをいただいた方、普段親しくしている方たちを招きます。ごちそうは、鯉や栗、それにちまきや柏もちがつきものです。

 また、端午の節句と菖蒲は切ってもきれないものです。菖蒲は悪鬼を払うといわれ昔から端午の節句に使われています。家の屋根や軒先にさしたり、お酒にひたして菖蒲酒にして飲んだりします。また、菖蒲枕といって枕の下にしいたり、お湯の中に入れて菖蒲湯にして入ります。いずれも身体に悪い気がつくのを防ぐという意味から使われるならわしです。

●鯉のぼりは誰がかうの?

男児の節句の五月節句の場合は、双方の実家で話し合い、内飾り(兜など)・外飾り(鯉のぼり)と分ける場合もありますが、どちらか一方のみ買う場合などでも近年は話し合いによって購入されているケースがほとんどです。どちらかと言う決まりはありません。

●いつまで揚げておくの?

鯉のぼりを揚げるのは少し早目が良いでしょう。できれば御節句の一か月前くらいから遅くとも一週間前には揚げるようにしたいものです。片づけは五月中旬から下旬を目安にしましょう。*地方により旧暦でお祝いする場合はこの通りではありません。

ページトップへ